凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/03

版画「ブナ林」

版画「ブナ林」が三点。

s-DSCN0308.jpg

私のブナ林の版画が三点。
山形県朝日連峰のブナ林を版画にしました。
仕事場のガラス窓に飾ってました。
別な画面に、額にに入れたブナ林の版画を掲載してあります。
一枚に「山ニ行コ」「森ニ行コ」と彫ってみました。
渓流もあります。
いつまでも、山で森で遊びたいものですね。
せいぜい身体を鍛えましょう。
スポンサーサイト

2012/01/14

版画「ブナ林」

s-DSCN0309.jpg



ちょっと画面が・・。和紙ではなく、西洋紙を使ってしまい・・
ブナの原生林を版画にしたつもりですが、果たして・・。
山形県には、みなさんご存知のとおり、素晴らしい山、朝日連峰があります。
小国町から山に入ると、角楢小屋があります。
1996年頃?に、大勢の仲間が集まり、古い山小屋を建て直しました。
角楢小屋への山路には、渓流沿いにブナの原生林が延々と続いています。
小さな小さな小鳥、ミソサザイの澄んだ声が、響き渡っている山です。
是非一度行ってみてください。
そのあと、このブナ林の版画をじっと見てください。
私には、あのブナ林が、このように見えました。

2012/01/13

版画「ブナ林」

s-DSCN0311.jpg



これも山形県朝日連峰のブナ林をイメージしての版画です。
角楢小屋への荒川渓流沿いの山道には、このブナの原生林が、延々と続いています。
春には、登山道に沿って、地元では土桜と言っていますが、
ピンクの綺麗な花が一面に咲きます。
(イワウチワだと思います。「ツチザクラ」とっても良い名前です。)
秋には、天然のナメコが取れます。
それはそれは、いつ行っても落ち着くところです。
ちょっとカメラワークが悪く、実物は、西の内の和紙に刷った味わいがあります。
実物を是非見てください。

2012/01/12

版画「カタクリ」

s-DSCN0312.jpg


春一番に咲く、あの可愛らしいカタクリの花をじっと見ていたら、このような版画になってしまいました。
春、カタクリをじっと見てから、もう一度この版画を見てください。
茨城の常北町には、今でも、春になると、沢沿いにこのカタクリの花が、たくさん咲きます。

ホーム

Home

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。