凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/17

香合

白萩釉櫛目十字紋香合



十字の櫛目に鉄と呉須で色を付け
白萩釉を掛けてみました
ちょっと写真がピンボケですね
スポンサーサイト

2013/06/17

香合

白萩釉香合




白萩釉を掛けて還元焼成のため
ちょっと青みががっています
還元焼成すると素地の鉄分が浮き出てきます

2013/06/12

 香合

カタクリ紋香合



ベンガラでカタクリ紋を描き
妙見釉を掛けて焼いてみました
ちょっと大きめの香合です
蓋物として宝函?にも使えます

2013/01/06

香合

妙見釉香合
DSC08127.jpg
茨城県の北に妙見山と言う低い山があります
その山麓には長石の露頭があり、その長石を妙見長石と命名しました
この妙見長石は、ナトリウム分が多く、釉薬にして使うと
志野風に白く仕上がります。
なかなか良い長石です。
その妙見長石を使って、香合を作ってみました。

2012/01/06

香合

自然釉香合


s-DSCN0290.jpg



s-DSCN0289.jpg


薪窯で作った蓋物です。香合にはどうですか。
灰釉が掛かり、うっすら緑がかっています。
土に蛙目粘土の原土を混ぜ合わせて作ったため、蛙目が点々と・・・・
蛙目は、「がいろめ」と読みますが、珪石(Sio2)の粒が、
蛙の目のようにキラキラと光っているから「蛙目」と・・・
茨城県の北茨城市付近には、花崗岩が風化し粘土化した、
この蛙目が入っている一次粘土が、量は少ないのですがあります。
一次粘土とは、石がその場で風化し粘土化したものを言います。
二次粘土とは、別なところに流れ積もった粘土を言います。・・・
じっくり焼いて火色が良く出ています。また蛙目もなかなか味がありますね。

ホーム

Home

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。