凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/24

茶入

窯変文茄型茶入



備前の土を使って穴窯焼成です
写真がちょっとピンぼけ
薄っすらとした七色の虹が私には見えるのですが
この写真では見えませんね
文琳(ぶんりん)と茄子(なす)の中間を
「文茄型」といいますが果たして?????
象牙の蓋を作って見ました
スポンサーサイト

2013/01/17

茶入

禾目釉耳付茶入



禾目釉をちょっと厚く掛けると
このように茶色に発色します
小さな小さな耳を二つ付けてみました

2012/08/11

茶入

禾目釉茶入

s-AAA_9749.jpg



禾目釉茶入れに牙蓋(象牙の蓋)を合わせ
桐の箱も作ってみました
茶・紺の組紐も・・・・
孫にも衣装です

2012/01/10

茶入

耳付禾目釉茶入

s-DSCN0295.jpg


禾目釉という鉄釉がたっぷり掛かっている茶入です。
たっぷり掛けると、色合いが黄色みを帯びてきます。
小さな小さな耳が2つ付いた、文茄型耳付茶入。
(茄子型と文林型の中間のものを文茄型と言いますが、果たして・・・?。)
象牙の蓋を合わせてみました。

ホーム

Home

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。