凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/06/22

五風十雨徳利

徳利

五風十雨と櫛で描いてみました
薪の窯で焼いたものです
かなり以前の作品です
五しか見えませんね
五日に一度風が吹いて十日に一度雨が降り
風雨その時を得て
農作上好都合で天下太平なこと
スポンサーサイト

2016/10/25

一輪挿し


一輪挿し、徳利????
鉄で絵を描いて、白萩釉を掛けてみました
かなり以前の作品です

2016/02/06

徳利

徳利とちょこ

チョットバランスが今一ですか

2016/02/06

徳利

徳利

一輪挿しにも使えます
徳利の方が良いですか

2015/04/12

七色の虹が

七色の虹が

七色の虹が見えますか
あの耀変天目茶碗のようなとはいきませんが
七色に輝く虹が見えます
あの国宝の耀変天目茶碗も
数多くの天目茶碗の中に出現したとのこと
鉄釉を掛けて焼くと
ある限られた条件であの虹が出てくることが判っていますが
その条件が判れば・・・・・・・

2015/04/12

七色の虹が

七色の虹が見えますか

間違いなく虹が
七色に輝く虹が見えますか
確かに虹が見えます
感動です

2014/08/04

お茶碗


ちょっと大ぶりの萩風茶碗です
御本(ゴホン)が出てピンク色が微かに出ています

2014/08/04

お茶碗

耳付白萩釉茶碗

白萩釉を掛けてみました
ピンク色の御本(ゴホン)が少し出ています。
御本は、焼成するとき、参加焼成と還元焼成を交互に繰り返すと出てきます
薪窯焼成で、薪を入れた時に還元焼成になり、時間が経つと酸化焼成となり
その繰り返しで、御本が出てきます。
味のある御本はなかなか難しいものです。
焼物は本当に奥が深いですね

2014/08/03

茶碗

お茶碗三つ

白いお茶碗も作ってみました
ちょっと面取りをしてみました
この坏土(土)では、御本は出ません
土を選ぶことはきわめて大切です
自分の土を決めることはとてもとても重要です

ホーム

Home

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。