凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/08/11

カタクリ櫛目丸紋耳付大壷

カタクリ櫛目丸紋耳付大壷

穴窯で焼いた大壷です
チョット丸みが足りないようです
もう少しふくらみがあれば最高でしたね
櫛で丸紋を書きその中に私のカタクリ紋を壷の全面に沢山書いてみました
肩の部分は、灰釉が多く掛かり、カタクリ紋が見えなくなってしまいましたが
これも味
壷の下の部分は、灰の中に埋もれていたため真っ黒に
これもまた味
スポンサーサイト

2015/11/29

大壷

カタクリ櫛目丸紋大壷

灰が掛かりなかなかの味わいです
私のカタクリ紋を、壷全体に櫛で描いてみました
焼成で灰の中に埋まり、黒く窯変しています
もう少し丸い方が良かったですね
チョット高すぎました

2015/06/27

大壷

窯変大壷

「静裂」の名の大壷の裏側です
灰釉の垂れ具合、なかなか良いでしょう
自画自賛ですが、やはりなかなかです
白い釉薬がポツンと落ちたようです

2015/06/27

大壷

窯変大壷

「静裂」と言う名を付けましたが
如何ですか
薪窯で焼き、薪が腹に当たり
窯焚き中の、静かに静かに割れ目が広がり
この亀裂が出来ました
自然に出来た亀裂は味があります
この亀裂を、楽しんで作っていた有名な作家がいました
荒川豊蔵さんです
荒川豊蔵さんは、窯詰めのとき、
薪で叩いて亀裂を作っていたようです

2013/09/01

カタクリ紋窯変大壺

カタクリ紋耳付自然釉大壺



私のカタクリ紋を丸絵の中に書いてみました
灰が掛かり良く見えませんね
高さ40センチ位の壺です

2013/03/03

耳付小壺

焼〆耳付小壺




小さな小さな耳を3つ付けた小さな壺
ちょっと自然釉が掛かっています
生地の色合いが大好きな焼〆小壺
家の水仙を生けてみました

2013/01/17

小壺

焼締耳付小壺



轆轤成形で、小さな耳を3つ付けてみました
生地の鉄分が良く反応しています
小さい割には、なかなか大きくおおらか見えます(自我自賛)

2013/01/17

花器

凡黒釉小壺




凡黒釉を薄掛けして焼成してみました
飴釉のような味わいもあり
厚く掛かっているところはマットががった凡黒釉

2013/01/14

小壺

妙見釉抜絵紋小壺




「五風十雨」と蝋抜きしてみました
写真では、風と十の面が出ています
妙見釉が生地の鉄分と反応しほのかなピンク色をしています

2013/01/06

自然釉小壺

カタクリ櫛目紋自然釉小壺
DSC08143.jpg
カタクリ紋を櫛で書いてみました
穴窯でじっくり焼成して、自然釉がたっぷり掛かっています
なかなかの味わいです?????(自我自賛)

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。