凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/16

小さな小さなお地蔵さま

お地蔵さまがたくさん


DSC03300_convert_20120816165854.jpg


いろいろな顔したお地蔵さまがたくさん
みんななんとなく似ています。
 ちょっととぼけたお地蔵さま
 ちょっとまじめなお地蔵さま
 ちょっと眠そうなお地蔵さま
 ちょっと火焼けしたお地蔵さま
火に焼けるとちょっと黒光りします
 

スポンサーサイト

2012/08/16

小さな小さなお地蔵さま2点

ピンボケ地蔵さん

DSC03440_convert_20120816165921.jpg


小さなお地蔵さまが2点
ちょっとピントのずれたお地蔵さまもなかなか味があります
ちょっと目が垂れ
しかし口元はキリット?
小さな小さなお地蔵さまを作ってみませんか。

2012/08/15

カタクリ紋長皿

カタクリ櫛目丸紋長皿

s-AAA_9853.jpg


ちょっと写真が・・・・
皿立てに掛けて写真撮りしないとわかりませんね。???
呉須、ベンガラで私のカタクリ紋の絵を書きました
白萩釉を掛けて酸化から中性炎で焼きましたので
うっすらと萩焼のような肌色が出ています

2012/08/12

抹茶碗

妙見釉茶碗

s-AAA_9750.jpg



茨城県の北の方に
妙見山と言う山があります(妙見とは北極星?)
妙見山という山は全国各地にあります。
なかなか良い響きです。
その麓には、Na分の多い長石の鉱脈が露出しており
その長石を採取・砕き、釉にしてみました
「妙見釉」と名づけて、鬼板(鉄分の多い土)で模様を付けて
抹茶碗を作ってみました
ピンクに発色する志野釉のようでなかなかの味わいです

2012/08/11

茶入

禾目釉茶入

s-AAA_9749.jpg



禾目釉茶入れに牙蓋(象牙の蓋)を合わせ
桐の箱も作ってみました
茶・紺の組紐も・・・・
孫にも衣装です

2012/08/09

個展の一こま



s-AAA_9849.jpg


個展会場の一こまです
汲出し茶わんがたくさん
白萩釉を掛けて萩焼風に焼いてみました
香合も一つ

2012/08/08

花瓶

白萩釉耳付花瓶


s-AAA_9852.jpg


鉄分の多い土を使い轆轤引きです
白萩釉を掛けて還元焼成をしたらこんな作品になりました
小さな雷座を3つ愛嬌に付けてみましたが如何ですか?
個展会場の一こまです

2012/08/07

陶額2点

s-AAA_9858-2.jpg


「一木一草」「夢」
竹根に彫ってみました
普通、竹の中は空洞ですが、根は、違います。
昔から、「雅印」の印材として良く使われてきました。
ちょっと小さくて良く見えませんか?
陶額は、黒釉と呉須白萩釉を掛けて作りました
竹根での篆刻、陶額作りもとても楽しいものです
御一緒に作りましょう

2012/08/05

「楽」篆刻3点

「楽」の篆刻陶額が3点


s-AAA_9860-2.jpg


「楽」の字を、篆書体?で篆刻してみました。
中央が「竹根」に楽の字を彫り、呉須白萩釉陶額
左右が「陶印」、飴釉・黒釉陶額
「陶印」は、粘土の時彫り、焼成後磨り出しです
ざっくりした味のあるものがたまに出来ます
小さくて見えませんね

ホーム

Home

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。