凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

2015/11/29

窯焚き

窯焚き

これが窯焚き全様です
4日間、松薪をくべ続け
1200度以上の温度をキープして
灰を飛ばして作品を作ります
窯の脇からも、薪をくべます
なかなか大変な仕事です
が、とても楽しい時間です
新しい作品が生まれるのですから
関連記事

≪ カタクリ紋扁壷ホーム窯焚き光景 ≫

Comment

焼きましたね

薪窯での労作焼き物が出来上がったのですね。
これが最後という思いで臨んで窯焚き。
感無量というところでしょうか。

まだ未だやれるんじゃないですか?
やる気が萎えなければまだまだ大丈夫です。
個展とかギターリストと二人展とか企画しているのですか?

篠竹の節間40cmオーバー位までは有りますね。
二日ほど前に矢竹を取りに行って無かったので、篠竹取に変更して20本程捕ってきた中に、節を挟んで90cm位のが何本かありました。
それ以上の長さは探さないと分かりませんね。
藪の入り口から5m位の幅2mくらいで採取しただけですので、よく探せばもう少し長いのが有るかも知れません。
よろしかったら探してみますよ~。

Re: 焼きましたね

皆さんの分、ぐい飲みなど、窯に入れました。
が、場所が悪かったようで、今一のものばかりで、がっかりしています。
なかなか、窯任せなので、薪窯は難しいですね。
扁壷は、なかなかのものが出来上がりました。
扁壷ばかり作って、扁壷はあまり理解されていませんが
私としては、とても気に入っているものなので。
ガス窯は、まだまだ続けていこうと考えています。
これがなくなると支えが無くなります。
持続すること、極めて大切ですからね。
竹かご作りもとても興味があります。
鹿島がもう少し近いと参加したいところですね。
良いものを作ってください。

窯任せ

場所がイマイチということですが、芸術品を求めるものではありませんので、プロの目からはイマイチでも呑み助には差障りはありません。
その仕上がりを肴に一杯やりましょう。

今日も竹細工三昧でした。
先日矢竹取の当てが外れ、篠竹を取ってきたのでそれでソバ笊を編み出しました。
意外といいのです。粘りがありシットリ来るのです。

宮城県の岩出山地域では(今は大崎市? 例の考古学のねつ造遺跡の一つであった記憶)篠竹で笊や籠を作って地場産業です。
今夜編み上げたいと意気込んでいます。

教室は成田市と栄町境界の房総の村で勉強しています。
今年度から二月に一度が教室の日です。
私の思いではとりあえずヒゴを作ることが第一ですので、水戸でも大丈夫です。
自宅の作業室で小刀で手に傷を作りながら、ひたすらヒゴを作って自習。
ヒゴが出来るようになったら、僭越ながら私やTさんがご教授いたしましょう。
切り出しは例の物が何丁もあるし。

Re: 窯任せ

了解しました。。今一の作品でも十分にお酒は飲めますから。
皆さんが集まるときは、持参いたします。
宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Home

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード