凡雨陶房

陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

2017/08/02

茶入

禾目釉耳付茶入

ちいさな耳を肩に付けてみました
禾目釉を掛けた」茶入れです
牙蓋を合わせてみました
象牙の蓋です
如何ですか

≪ 一輪挿し 徳利ホームカタクリ紋耳付四方花瓶 ≫

Comment

良い雰囲気です

飴玉の様な大汗を今年はかきませんが、ムシムシして梅雨の延長戦の様な日々です。

久し振りの更新。
製作に没頭していたのでしょうか!!
技術的な事は分かりませんが、良い感じですね。
色あいが柔らかいです。
それに象牙の蓋とは恐れ入りました。
バネ指の具合も良い塩梅になったのでしょうか。

草刈りの反省会を初男さん宅でしていた折に、バネ指の人の話が出ました。それほど珍しい病ではなさそうですね。
ことしは環境省を3月末で辞して、家業の農業を始めた一交さんが小学生の息子と参加してくれました。
閑老人は前期は祝瓶山頂近くにテントで2泊。後期は蛇引きの清水で1泊の計3泊の参加でした。
体力を心配したのですが、もう少しやれそうな変な自信を得てきました。

七月下旬からは連日竹細工三昧です。
小魚調理に便利な鉄線編みの水切り笊。私の生家の方ではメカゴと呼びますが、これの技術習得を目指しています。
概ねは理解できた気がしています。
ソバ笊はネマガリダケを秋に採取してから再度製作に入ります。

Re: 良い雰囲気です

お久しぶりです。
草刈り本当にご苦労様です
体調が良ければ、本当に参加したいところです
腰も治らず、足が自由に動きません
ばね指ももう一度手術をお願いしていますが
なかなか医者のプライドが・・・・・
まあ、腰も指もじっくりじっくりです
果たして治るのか心配ですが
健康一番です
健康以外何もいらない今日この頃です
掲載した作品はかなり以前のもので
今は何もできません
ばね指が治ると少しはできるのですが
そのうち治るでしょう????????
健康でご活躍を

かつて私も腰痛

お盆が来るのに夏は何処へ行ったのでしょうか。
このまま秋になってしまいそうです。
腰痛がまだ完治されないご様子。
お見舞い申し上げます。
私も40歳ごろ、ひどい腰痛を経験しました。
車に乗るのにも座席に左手を着いて、ヨッコラショと乗り込む始末でした。
病院で検査しても「腰椎には異常はないが、腰回りの筋肉の衰えでしょう」という診断。
それから始めた腰痛運動。ウォーキング→ジョギング→筋トレ→剣道。とグレードを上げました。更に中断していた山登りや渓流釣り。
時間はかかりましたが、一歩一歩階段を登り、この年になってもそれを続け、何とか山も親しんでいます。(とはいえ、やり過ぎは良くないようです。ハチマキさんがやり過ぎの手本です)

急がず、じっくり休まず、気長に取り組みましょう。
目的を持たないと、長い期間、気持ちを持ち続けるのは難しいので、時々プチ〇〇行事を挟み。
かくいう私も又右肩がしばらく前から痛いので、過日MRI撮影をし、14日月曜日に診断が下ります。
お互い歳には逆らわず、多少の障害とは仲良くし、三病息災位のおおらかな気持ちで乗り切りましょう。

Re: かつて私も腰痛

色々とご配慮ありがとうございます
何か、肩を痛めたようで
お互い無理せず治していきましょう
そのためにも、何かプチイベントが大切ですね
心の支えになりますね
只々、じっと耐えているのは、この私にはなかなか大変です
指が自由なら少しはまぎれるのですが
これもまた、なかなかです
まあ、じっくりじっくりじっくりです
何とか治して、また角楢小屋に行きたいものです
やはり自然は素晴らしいですから、自然からの力を頂いて
復活したいものです。
色々とありがとうございます。
お大事に元気が一番です



bonchan
体のあちこちに不具合が出ているようですが、大丈夫ですか。
焼き物は続けているようで、ちょっと安心していますが、ケーナは続けているのでしょうね。
「健康以外何もいらない」、なんてまだ十年早いですよ。
まあ、無理しないでがんばりましょう。

Re: タイトルなし

ご無沙汰です。
ばね指と腰でチョット不便しております
ばね指の手術が今一で
再度の手術をお願いしてはいますがなかなか・・・・
医者のプライドがあるようで
腰の方も神経を痛めたとのことで
時間がかかるとのこと
もう去年の五月からですから
一年以上になりますね
そんなわけで
焼物はできません
ブログの焼物がかなり以前のものです
まあ、そのうち治るでしょう????
今まで自由に動けたのが動けなくなると
なかなか大変です
そのうち治ることを信じて
ケーナだけはばね指でも練習してますが
これもまた今一乗りませんね
元気が一番です
ありがとうございます
気長に頑張ります




コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Home

 

プロフィール

bonchan

Author:bonchan
茨城県水戸市の自宅工房で陶芸に篆刻、陶彫、版画、書など色々楽しんでいます。

少しですが、私の作品をご紹介しますので、
ごゆっくりお楽しみください。

 写真は、「楽」の陶額です。「楽」は、陶印です。陶額は飴釉を掛けて作ってみました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード